雑記

2021年1月20日 凄く久しぶりにデリヘル呼んでみた。(横浜 即即絶倫パコパコ妻)

Pocket

2020年に風俗に行った回数は25回、使った金額は378,895円。

2021年に風俗に行った回数は03回、使った金額は46,700円。

オナニーした回数は07回。

おはようございます、僕です。

そうだ、デリヘル、呼ぼう。

前日からの流れでラブホに宿泊している訳ですが、当然ここで何もせずに普通に睡眠取って帰る、なんて事はありません。

折角ラブホに来ているんですから、ここでしかできない事をしなきゃね。

そうです、デリヘル呼んでエロい事をするのです。

あぁ、すまんな、彼女とかセフレとかそういうのとは縁が無いんだ。

とは言え普段はガチの箱ヘル派ですので、デリヘルを呼ぶのは本当に久しぶりでちょっと緊張もあります。

なので、おさらいの意味も込めて改めてデリヘルの利用方法を記録しておこうと思います。

お安いは正義。

今回は休憩ではなく宿泊なので、色んな意味で時間はたっぷりあります。

じっくりと女の子を選びましょう。

とは言っても既に宿泊料金は払っているので、失礼ですが女の子にそこまでお金は掛けられません。

でも折角だから長時間プレイを楽しみたい。

人間はなんて我儘な生物なのでしょう。

となると候補は自然と絞られてきますね。

具体的にいくつか挙げると、

  • 関内サンキュー
  • 熟女の風俗最終章
  • 即即絶倫パコパコ妻
  • 伊勢佐木ちゃんこ

他にも有りますが、大体この辺りのお店から選ぶ事になりそうです。

もちろん石油王の方はもっと高級なデリを利用したら良いと思いますよ。

しかしそれにしても解せないのが、なんで箱ヘルは24時まででデリヘルは24時以降も営業してるのか、いや、法的な理由とかじゃなくて気分的に不公平だと思うんだけど。

お店を決める。

風俗店の店名。

しかしまぁ風俗店の店名って面白いですね、

いかにも風俗です、って感じのお店もあればお洒落感出してるお店もあるし、それ文章じゃんってのもありますね。

あとは動物の名前とかもですね。

まぁ僕が風俗店に名前を付けるなら、「他と被らない」「風俗店だと分かる」「覚えやすい」「言い易い」等を考慮して、

「ふぁっしょんへるす ぞうさん」

にしようかな。既に存在していたらごめんなさい。

即即絶倫パコパコ妻。

それでまぁ途中でHUNTER×HUNTER読んだりしながら結構な時間を掛けて厳選した結果、「即即絶倫パコパコ妻」に決めました。

単純に時間単価で選びました。

  • 関内サンキュー 交通費込み・フリー 105分14,700円
  • 熟女の風俗最終章 交通費無料・指名料無料 100分14,995円
  • 即即絶倫パコパコ妻 交通費無料・新規フリー 110分12,900円
  • 伊勢佐木ちゃんこ 交通費込み・指名料無料 100分21,000円

※交通費は今回僕が宿泊したゴマックスさんにデリバリーした場合の料金です。
※スマホで適当に調べただけなので正確さを保証できません。
※詳しくはお店に電話してね。

まぁお店指定のホテルだと安くなるとか、大通り公園周辺のホテルだと安くなるとか、各店舗毎に条件が異なりますが、今回の僕の場合ですと「即即絶倫パコパコ妻」さん一択になりますかね。

電話をしよう。

お店が決まったら早速電話をします。

ここでちょっと注意したいのが、ホテルの部屋に備え付けの電話でも外線は掛けられますが自分のスマホから電話を掛ける必要があるという事。

基本的に今時の風俗店は電話番号で顧客管理をしているので自分の電話を使う必要があります。

まぁホテルの電話でも何も言ってこないお店もあるかもしれないけどね。

どっちにしても通話料金は請求されるから自分の無料通話分使った方がお得じゃないかな。

電話をします。

話が逸れましたが、お店に電話を掛けます。

お店の人が出たら最初に言うべき一言はコレです。

「すいません、女の子呼びたいんですけど。」

これさえ言えれば目的は9割達成できてます。心に刻んでおいてください。

その他に伝えるべき事は

  • 指名の有無
  • プレイ時間
  • デリバリーor待ち合わせ
  • ホテルの名称とルームナンバー(デリバリーの場合)
  • 待ち合わせ場所(待ち合わせの場合)

こんなもんですかね、まぁ必要な事はお店の人が聞いてくるので落ち着いて答えましょう。

あとは付けたいオプションがあればここで言っておきます。

堂々と恥ずかしがらずに「アナルファックお願いします。」みたいな感じで。

※休憩で時間が無い等の理由で「今すぐ来い」ってのは無理があります。女の子にも準備があります。
※休憩時間をなるべくフルに使いたい場合はホテルに入る前に、チェックインする時間とホテル名をお店に電話して伝えておいて、チェックインしてルームナンバーが確定したらそこでまたお店に電話する。と言った手順が必要になりますね。

後は待つだけ。

ここまで済ませたら後は女の子が来るのを待つだけです。

プレイ内容によっては先にシャワーを済ませておく必要があるかもしれませんが、そこは臨機応変に。

まぁ何も言われなくても歯磨きくらいはちゃんとしておくのがマナーかなとは思いますけどね。

女の子が到着するとフロントから内線がかかってきます。

そして最後の聖戦が始まる・・・。

熟女のテクニック。

と言うわけで、今回お世話になったのはパコパコ妻のK嬢。

まぁ外見や体形は可もなく不可もなく、と言った感じですかね。

この辺は個人の主観なので僕が語っても意味ないですね。

普段は箱ヘルで長くても90分コースまでの僕にとって110分は未知の領域でしたが、結果としてはとても良かったです。

ここ数年は頑張っても2回戦は無理だったのですが、久々に2回抜いてもらいました。

しかも結構時間を残していたので、やはり風俗は技術やなって改めて思い知らされました。

こんなの初めて。

最初は普通のヘルス的な流れで事が進んでいたのですが、事件が起きたのは足を抱える格好でアナル舐めを堪能していた時。

K嬢「ちょっと指入れていい?」僕「え?」ズボォみたいな流れでアナル処女を奪われました。

いやおもちゃ的な物を入れた事は無くもないんですけど、自分以外の人間に異物を挿入されたのは初めての経験です。

しかも前立腺を的確に攻められて、正直これはヤバいと思いました。

ハマりそう的な意味で。

この感覚を説明するのは難しいのですが、日本語で表現するなら、

我ながらやばい扉を開けちゃうかな

ですかね。

むしろ開けられた側ですけど。

数年ぶりの2回戦

そんな感じで、おっぱい吸ったり吸われたり、揉んだり揉まれたりしながら1回目は69からの口内射精でした。

まだまだ全然時間は残っていましたが、流石に2回は無理かなと思っていたんですよね。

ですが、僕が仰向けになっていると股間に掛けたタオルの上から竿と玉をずっと揉んでくれているんですよ。

会話しながらですよ?無言だとちょっとおかしいですからね。

暫くの間そんな事をしていると、あれ?ちょっとこれイケるんじゃね?みたいな感覚が股間に沸いてきます。

こうなったらもうやるしかありません。

そこからはK嬢の全力ローション手コキと僕の全力足ピンのコンビ技で無理矢理絞り出しました。

とは言っても量的には全然出ませんけどね。

でも凄い達成感はありました。

久々に内容の濃いプレイ時間を堪能しましたね。

デリヘルも悪くない。

デリヘルが良いと言うか、箱ヘルだとどんなにベッドが広いと言ってるお店でも限度があります。

その点ラブホならフィールドは無限大ですからね。

しかもリア充の気分がちょっとだけ味わえると言うおまけつきですよ。

まぁその分部屋代払っているので当然っちゃ当然ですが。

でもラブホに宿泊するのも結構楽しいですね。

またやりたいです。

※言い忘れましたが僕は自宅にデリヘル呼ぶ気は全く無いので、自宅に呼ぶ場合の手順はちょっと分かりかねます、まぁ電話して呼べばいいんでしょうけどね。

僕の独り言

  • 前立腺開発に興味湧いてきた。
  • 男の潮吹きも気になる。
  • ビットコイン下がってますね、お給料出たら買い足すかもしれません。

ではまた明日(^_-)-☆

ABOUT ME
まんだむ
まんだむ
風俗客が嬢をハズレだと思う時、風俗嬢もまた客をハズレだと思っているのだ。 まんだ
RELATED POST